OANDA Japan(オアンダジャパン)のデモ口座に関して

OANDA Japan(オアンダジャパン)のデモ口座に関して

OANDA Japan(オアンダジャパン)のデモ口座に関して

OANDA Japan(オアンダジャパン)のデモ口座に関して

 

FX取引で必ず儲かるという方法はありませんが、これから取引をする練習をして儲かる確率を上げるということは可能です。

 

その方法のひとつがデモ口座です。

 

デモ口座を作ると、仮想の資金を入金して実際のチャートを利用して取引が行えます。

 

もちろんデモ口座なので利益が出ても出金はできませんし、損失が出ても被害はありません。

 

ではOANDA Japanのデモ口座の特徴や活用法について考えましょう。

 

OANDA Japanのデモ口座の特徴

こちらのデモ口座はfxTrade Practiceといいます。

 

fxTrade Practiceは実際の取引が行えるfxTradeとほぼ同じ機能を持っています。

 

fxTradeで取引を始めると、大きな損失を被った場合に支払いが生じ、大きな被害になってしまう恐れがあります。

 

しかしfxTrade Practiceを使えば仮想の資金を入金して、仮想のトレードを行えます。

 

OANDA JapanのfxTrade Practiceの大きな特徴が、仮想の資金が足りなくなったら再度入金が行えるということです。

 

多くのFX会社では仮想の資金が無くなると再度でも口座の申し込みが必要になる設定なのですが、OANDA Japanではそうではなく資金を注入してでもトレードが続けられるようになっています。

 

そしてうれしいことに無期限に使用可能なので、じっくり練習を重ねてから本番に臨むことができます。

 

ただしfxTrade Practiceの場合過去半年程度の履歴しか残らないので、長期的な記録を残したい方は注意が必要です。

 

OANDA Japanのデモ口座の活用法

デモ口座を作ったなら、実際のトレードと同じようなチャートやマーケット情報を利用して取引をすることになります。

 

ここで重要なのは、自分なりの取引ルールを定めるということです。

 

たとえばどのくらいの価格になったら買いポジションを取るのか、どのくらいまで下がったら損切りするかを明確に決めておくということです。

 

デモ口座ではどれだけ失敗しても損はしないので、できるだけいろいろな取引パターンを試して損をするケースと儲けが出るケースを見極めるようにしましょう。

 

70%くらい勝てるようになれば、実際のトレードでも儲けが出る可能性が高くなります。

 

またでもトレードではどのような取引がNGなのかも実際に試してみておくと良いでしょう。

 

デモ口座を賢く活用してFXで利益が出せるようにしたいものです。

 

OANDA Japan(オアンダジャパン)公式サイトはこちら
https://www.oanda.jp/

 

トップへ戻る