OANDA Japan(オアンダジャパン)のレバレッジは?

OANDA Japan(オアンダジャパン)のレバレッジは?

OANDA Japan(オアンダジャパン)のレバレッジは?

OANDA Japan(オアンダジャパン)のレバレッジは?

 

FXで儲けたいという方であれば、レバレッジを知らないというわけにはいかないでしょう。

 

レバレッジを利用すれば少ない資金で多額の利益を出すことができるかもしれません。

 

どのFX会社にもレバレッジ倍率が定められています。

 

このレバレッジ倍率をよく知ることで、自分がどのような投資をしているのかを管理することもできます。

 

ではOANDA Japanのレバレッジ倍率についてみていきましょう。

 

レバレッジ倍率とは

レバレッジ倍率とは、証拠金に対してどのくらいの取引が行えるかという割合を表したものです。

 

例えば資金が10万円だったとします。

 

1米ドルが100円の時に10万円分の米ドルを購入し、1米ドルが101円の時に売ったとすれば、利益は10万円ということになります。

 

しかしこの時もし最初の資金が5倍の50万円であったなら、利益も当然5倍になったはずです。

 

しかし資金が10万円しかなければ、コツコツと小さな利益を上げていくしかありません。

 

そんな時に利用できるのがレバレッジなのです。

 

もしレバレッジを5倍と設定すれば、10万円の証拠金で50万円の取引が行えます。

 

少ない資金でも大きな金額の取引を行うことができるのです。ただしこれには落とし穴があります。

 

利益が数倍、数十倍になる可能性があるということは、損失もその分大きくなる可能性があるということです。

 

日本国内では以前レバレッジ倍率が100倍、200倍という取引も行われていましたが、現在は最大25倍に制限されています。

 

OANDA Japanのレバレッジ倍率

OANDA Japanも日本国内のFX会社なので、当然レバレッジ倍率は最大25倍となっています。

 

ただし最大が25倍なので、それ以下であれば自分で選ぶことができます。

 

これはとても重要な選択です。

 

というのは、レバレッジ倍率が上がれば上がるほどリスクは膨らむからです。

 

レバレッジ倍率が仮に1倍だとすれば、10万円で1,000米ドルを購入できます。

 

もし1米ドルが1円下がっても損失は1,000円で損切りしても9万9千円の資金が残ります。

 

しかしレバレッジ倍率を25倍にすると、4,000円で1,000米ドルが購入できます。

 

同じように1米ドルが1円下がると、損切りした結果資金は3,000円しか残りません。

 

金額が大きくなればあっという間に証拠金が足りなくなりロスカットされてしまいます。

 

自分の資金とレバレッジ倍率のバランスを取ることがFXではとても重要なのです。

 

OANDA Japan(オアンダジャパン)公式サイトはこちら
https://www.oanda.jp/

 

トップへ戻る