OANDA Japan(オアンダジャパン)のロスカットライン

OANDA Japan(オアンダジャパン)のロスカットライン

OANDA Japan(オアンダジャパン)のロスカットライン

OANDA Japan(オアンダジャパン)のロスカットライン

 

FXで注意が必要なのがロスカットです。自分できちんと資金管理ができている場合には、ロスカットになることはめったにありません。

 

FX会社に預ける証拠金の金額と今の含み損を計算すれば、ロスカットラインを超えないようにある程度コントロールできるからです。

 

ただしすべてのケースでそうであるというわけではありません。

 

いきなり価格が急落したり急上昇した場合には、やはりロスカットされてしまうこともあるでしょう。

 

では万が一に備えてOANDA Japanのロスカットラインについて知っておきましょう。

 

OANDA Japanのロスカットライン

OANDA Japanではロスカットラインを決める際に証拠金清算割合を用いています。

 

これは%で表されます。

 

証拠金清算割合は必要証拠金×50%÷証拠金清算価値で計算されます。

 

OANDA Japanでは50%以上になるとロスカットされます。

 

例えば必要証拠金が10万円であったとします。

 

するとその50%は5万円です。その後いろいろなトレードを重ねて損失が生まれ、含み損などを考慮すると証拠金清算価値が2万5千円まで減ってしまいます。

 

すると10万円×50%÷2万5千円=200%となりロスカットラインを越えます。

 

強制的に決済が行われ損失が確定します。

 

OANDA Japanのロスカットの意味

どんなFX会社でもそうですが、ロスカットラインが設定されているおかげで投資する側にもメリットがあります。

 

FXは株のように価格の上昇・下落幅が決められていないので、一夜にして大暴落するという可能性もあります。

 

その結果ちょっと目を離したすきに一気に大損をしてしまうということも珍しくはないのです。

 

ロスカットがないと、どんどん損失が膨らみ続け、莫大な借金を抱えることになりかねません。

 

そうならないためにロスカットがあります。ロスカットラインを超えた時点で強制的に決済が行われれれば、それほど損失が大きくならずに済みます。

 

もちろんこれは証拠金以上の損失が生じないということではありません。

 

多くの場合損失は証拠金の金額内に収まりますが、急落の幅が大きすぎたりスピードが速すぎたりした場合には証拠金以上の損失を被ることもあります。

 

それでもロスカットがあるのとないのとでは損失の大きさががまるで違うのです。

 

OANDA Japanに限らずロスカットラインは必ず設定されているものなので、取引を始める際には、自分の資金に対してロスカットラインがどこなのかを把握しておくようにしましょう。

 

OANDA Japan(オアンダジャパン)公式サイトはこちら
https://www.oanda.jp/

 

トップへ戻る